店長ブログ

 福井県は23日、英国に留学中だった夏目漱石(1867~1916年)が1900、01年、友人に宛てて書いたはがき3通が見つかったと発表した。「僕ハ独リボツチデ淋イヨ」などの記述があり、専門家は「留学生活の様子がうかがえる貴重な史料」としている。

 はがきは、漱石と同じ船でドイツに留学した国文学者の芳賀矢一(1867~1927年)と、ドイツ文学者の藤代禎輔(1868~1927年)に宛てている。いずれも17年から刊行された「漱石全集」(岩波書店)に文章だけが掲載され、その後は所在不明となっていたが、昨年9月に福井市内の古本店で見つかった。

 藤代に宛てた2通は共に絵はがき。渡英して1カ月後の1900年11月21日付のはがきでは、日本人学生が多いドイツをうらやんで「僕ハ独リボツチデ淋イヨ」と嘆き、「学校ノ講義ナンカ餘リ下サラナイヨ」とくだけた文章で書いている。また芳賀宛ての01年8月1日付のはがきでは、亡くなった学友の記念文庫を設立しようとの芳賀の提案に改まった文体で「小生も無論賛成致候」と賛意を示している。

 はがきを鑑定した早稲田大の中島国彦名誉教授(日本近代文学)は「1世紀を経て手紙が見つかり、驚いている。留学先での漱石の心情や生の筆遣いが分かり、興味深い」と話している。

 3通は26日から福井市の県立こども歴史文化館(0776・21・1500)で公開される。【大森治幸】
愛媛県四国中央市の男性2人がまちおこしグループを立ち上げた。27日に同市中之庄町の伊予三島運動公園で、地元にある飲食の露店などが並ぶマルシェと、レゲエライブのイベント「ONE LOVE MARKET(ワン・ラブ・マーケット)」を初めて開く。海沿いの公園で、楽しい休日を過ごしてほしいと張り切っている。
 グループ名は「NO ROOF de MACHIOKOSHI(ノールーフ・デ・マチオコシ)」で、会社員の岩本拓也さん(35)=中之庄町=と、自営業の福田誠さん(35)=上柏町=が立ち上げた。2人は中学、高校の同級生で仕事の傍ら西日本各地でレゲエのDJなどとして活動している。
 「NO ROOF」は野外イベントを指す。岩本さんは屋外で遊んでほしいという願いを込めたといい、「人と人とが直接出会うと、面白いことがたくさん見つかるはず」。
 「レゲエは前向きな気持ちになれる音楽」と口をそろえる2人。友達や家族の大切さを伝えたり、日々の仕事を頑張ろうと元気づけたりするような歌詞が多いという。
 ライブは大阪を拠点に活動するレゲエシンガー「ONGYA」「STEREON」、DJグループ「BREAK JAM」を招くほか、県内ミュージシャンも出演する。
 マルシェは岩本さんらの呼び掛けで約30店が集まる。土居地域のピザ店「ピッツァモーレ」や、川之江地域の「自家製天然酵母のパン hutte(ユト)」など素材にこだわった店が並ぶ。
 福田さんは「音楽で南国の陽気な雰囲気を演出し、おいしいものを食べながら家族で遊べる場にしたい」と意気込んでいる。
 イベントは午前10時から午後4時まで。雨天時はマルシェのみ実施。問い合わせは、岩本さん=電話090(6208)5570
【男子】団体は3月の全国高校選抜の優勝者が2人いる新居浜工が優勢。個人は全国高校総体、国体、全国高校選抜の3冠を果たした56キロ級山口(新工)が県高校記録更新を狙う。105キロ級は全国高校選抜覇者の三宅(新工)に力がある。
 
 【女子】全国高校選抜で4人が入賞した新居浜南の層が厚い。個人では全国上位を見据える田中(新東)が63キロ級から58キロ級に下げ優勝を目指す。63キロ級稲本(新南)は得意のスナッチで県高校新記録を、75キロ級山崎(新南)は自身の持つ県記録更新を狙う。