店長ブログ

複数回にわたって同僚の女性職員を盗撮したとして愛媛大学の男性職員が罰金30万円の略式命令を受けた。愛媛大学は18日付けで男性職員を6か月の停職処分としている。 愛媛大学によると城北キャンパスに勤務していた30歳代の男性職員は2018年9月、大学の敷地内で同僚の女性職員のスカートの中を携帯電話を使って盗撮したという。男性職員は今年5月6日に県迷惑行為防止条例違反の罪で罰金30万円の略式命令を受けた。 これを受けて愛媛大学は6月18日付けで男性職員を6か月の停職処分とした。男性職員は同じく18日付けで依願退職している。 大学の聞き取りに対して男性職員は複数回にわたって盗撮したことを認めていて、他の2名の女性職員へも盗撮を行っていたという。 愛媛大学の仁科弘重学長は「被害を受けた方やご家族に深くお詫び申し上げる。職員への服務規律の一層の徹底を図るとともに、再発防止と信頼の回復に努めていく」としている。
愛媛県四国中央市の職業安定求職者1人の個人情報を含む書類を紛失していたことがわかりました。誤って廃棄した可能性が高いとしています。

文書の紛失があったのは四国中央市の公共職業安定所です。愛媛労働局によりますと今年4月、雇用保険の失業給付の手続きに訪れていた求職者から、離職票などの書類を受け取ったものの、先月になって書類を紛失したことに気づいたということです。

書類には顔写真のほか、口座番号やマイナンバーなどの個人情報が記載されていました。外部に持ち出すものではないことから、誤ってシュレッダーで廃棄した可能性が高いとみられていて、求職者に説明の上、謝罪したということです。

愛媛労働局は今後は、受理した書類の記録を残すとともに、廃棄する際は管理職が確認するなど再発防止策を徹底するとしています。
16日未明、今治市の国道で大ケガをして倒れている高齢男性が見つかった。警察は、現場の状況からひき逃げの可能性があるとみて捜査している。 16日午前1時半頃、今治市菊間町の国道196号で「人が倒れている」と近くを通りかかった男性から110番通報があった。 倒れていたのは、松山市夏目の村上清さん(79)で、腕の骨を折るなどの大ケガをしていて搬送先の病院で治療を受けている。 村上さんのケガの状態や現場周辺に車の部品が落ちていたことなどから警察は、車が村上さんをはね、そのまま走り去ったひき逃げの可能性があるとみている。 現場は信号機や横断歩道のない片側1車線の道路で、警察によると車は松山方面から走ってきたとみられるという。 警察は、周囲の防犯カメラを調べるなどして、現場から走り去った車を捜している。
愛媛県のJR新居浜、伊予西条両駅の開業100周年を記念するイベントが19日を皮切りに新居浜・西条両市で始まる。
 
 19日午前8時45分から新居浜駅で記念式典を開くほか、同駅「人の広場」とあかがねミュージアムで19、20の両日、駅前マルシェ(飲食はテークアウトのみで飲食スペースなし)やステージイベントを予定している。
 
経済活動の立て直しへ新たな取り組みのスタートです。飲食店の感染対策について愛媛県がいわゆるお墨付きを与える「安心飲食店」の認証が始まり、第1弾として15店舗が認証されました。  愛媛県から「愛顔の安心飲食店」の認証を受けたのは、54項目の感染対策を満たした15店舗で、このうち松山市一番町の「かに道楽松山店」には認証書とステッカーが手渡されました。こちらの店は二酸化炭素濃度を計測するセンサーを導入しているほか、通常の180席から半分以下の70席に減らして営業を続けています。県は今年度中に3000店舗の認証を目指していて、感染対策の責任者を設けた店には1店舗につき5万円の感染対策費が支給されます。