店長ブログ

先月、松山東警察署が女子大学生を誤認逮捕した問題で、愛媛県警が職員の福利厚生事業を行う互助会から、女子大学生に、見舞金50万円を支払っていたことが分かった。

この問題はタクシーから売上金などを盗んだとして、先月、22歳の女子大学生が松山東警察署に誤って逮捕されたもの。女子大学生の弁護士によると、22日までに県警から見舞金として50万円を受け取ったということだ。

また、捜査関係者によると、見舞金は、警察職員の福利厚生に関する事業を行う互助会から支払ったという。

なお、今月1日に行なった会見で女子大学生の弁護士は女子大学生が嫌疑なしの不起訴処分を受けたことに対し、検察に対して被疑者補償規程に基づく補償を申し出ていることも明らかにしていた。
西条署は、21日、西条市の自称会社員A男を、暴行事件被疑者として逮捕した。被疑者は、本年8月20日夜、西条市内の路上において、B男さんの肩口を掴み、壁面に押し当てるなどの暴行を加えたもの。

城山公園の桜の枝折れる

2019/08/20 13:23:36

19日午前5時10分ごろ、愛媛県松山市堀之内の城山公園の西側遊歩道で、桜の枝が折れていると市民からの通報があった。市公園緑地課によると、けが人はいないという。
万引させない環境づくりに向け愛媛県警今治署はこのほど、今治市のイオンモール今治新都市、フジグラン今治の大型商業施設2店舗を「万引き防止モデル店」に指定した。両店では署員が巡回や、犯行事例を踏まえた防犯診断を行い、店側と意見交換しながら対策を練る。
愛媛県今治市吉海町の「デイサービスセンター 阿育苑あしょかえん」で今月3日、介護職員が認知症の80歳代女性を送迎用のワゴン車で送る際、自宅に寄るのを忘れたまま、施設に戻り、車内に置き去りにしていたことがわかった。女性は、1人で車外に出たとみられ、約21時間後に施設内で保護された。女性の体調に異常はないという。
 同施設によると、3日午後3時頃、40歳代の女性職員が、女性を含むデイサービスを利用した6人を自宅に送り届けるため、施設を出発。5人は送り届けたが、最後の1人だったこの女性の自宅には寄らぬまま、女性を送ったと思い込み、約30分後に施設の車庫に戻ったという。職員は、車内のチェックをしていなかった。
 4日朝、家族が女性が自宅にいないことに気付き警察に相談。同日午後0時30分頃、施設の敷地内に女性が1人でいるのを、別の施設の職員が発見した。車にロックはかかっておらず、女性は自力で車を降りたらしい。ドライブレコーダーで、女性を送り届けたことが確認できなかったため、置き去りにしていたことが判明した。