店長ブログ

足利署と県警生活環境課は17日までに、風営法違反(禁止地域営業)の疑いで足利市、風俗店経営の女(43)と同市、韓国籍、風俗店従業員の女(45)を逮捕した。
 逮捕容疑は、同市の風俗営業禁止地域で店舗型風俗店を営業した疑い。同署によると、風俗店経営の女は容疑を否認している。風俗店従業員の女は容疑を認めている。
デートの相手役を演じる「レンタル彼女」の求人をうたい、性風俗の仕事を紹介したとして会社役員らが逮捕された事件で、大阪府警保安課は15日、職業安定法違反(有害業務の紹介など)容疑で、投資・コンサルティング会社経営、中井賢吉容疑者(45)=大阪府吹田市=を新たに逮捕したと発表した。「関係ない」と容疑を否認しているという。  府警は、中井容疑者が求人の仕組みを考案し、職業紹介会社「レック・インターナショナル」(大阪市北区)の代表、草開(くさびらき)幸一郎容疑者(36)=同容疑で逮捕=らに指示していたとみている。これまでに性風俗店の求人に回された女性は千数百人に上るという。  逮捕容疑は共謀し昨年1月、ネット上の架空の求人サイトで「レンタル彼女」を募り、応募してきた20代女性に性風俗の仕事を紹介したとしている。
鳥栖署は12日、風営法違反(無許可営業)の疑いで、鳥栖市元町、飲食店経営の容疑者(48)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は12日午後11時20分ごろ、経営する鳥栖市内の飲食店で、風俗営業の許可を受けずに女性従業員2人をホステスとして接客させた疑い。容疑者は「事実に間違いはないが、許可がいるとは知らなかった」と話しているという。
国土交通省中部運輸局の男性職員がスマートフォンで女性のスカートの中を盗撮したとして、停職1カ月の懲戒処分を受けました。
停職1カ月の懲戒処分を受けたのは、国土交通省中部運輸局の20代の男性職員です。中部運輸局によりますと、男性職員は去年5月電車内で女性のスカートの中にスマートフォンを差し入れ盗撮し、愛知県の迷惑行為防止条例違反の罪で罰金50万円の略式命令を受けました。男性職員は「仕事などのストレスがあり解消したかった」と話していて、中部運輸局は「再発防止に努める」とコメントしました。
「ぽこ×たて」で人気沸騰!古き良きロングセラーバイブ『サイレントスプラッシュ』最大の特徴は、先端部分に彫ってある「顔」
顔が描かれているバイブって日本独特なんです。
そもそもなんで顔が付いてるのかと言いますと……その歴史は昭和23年まで遡ります。
 同年の薬事法改定により、アダルトグッズが医療機器扱いとなったことで、製造・販売には厚生大臣の許可が必要になりました。
そのため、一般商店では販売することが出来なくなり、困った販売業社が張形に顔を彫って
『これはただの人形/こけしなんですよ』とアピールして売っていたそうです。
その名残で、日本にはいまだにお顔のついたバイブもたくさん存在しているんですね。
バイブが「電動こけし」「電こけ」などと呼ばれるようになった由来も同様だと言われています。