店長ブログ

新居浜市や愛媛県が東京オリンピック、ウエイトリフティング競技の事前合宿誘致に取り組む中、サウジアラビアの連盟から新居浜市での事前合宿に前向きな回答があった。 県によると、新居浜市と県などの担当者が現在、サウジアラビアを訪れていて、現地時間の今月7日、オリンピック委員会のファハド・ビン・ジャラーウィ国際局長に、2020年の東京オリンピックでサウジアラビアのウエイトリフティングチームが、新居浜市で事前合宿を行うよう求める中村知事の親書を手渡した。そして、その後面会したサウジアラビア・ウエイトリフティング連盟のムハンマド・アル・ハルビー会長から「新居浜市は、事前合宿地として優先度は高いと思っている」などと、新居浜市での事前合宿に前向きな回答を得たという。今後、ムハンマド会長を窓口に交渉を続けていくことになる。