店長ブログ | 西条「三津屋祭会」30年 地域の祭り受け継いで 3年ぶりだんじり差し上げ披露 勇姿に住民ら拍手

西条「三津屋祭会」30年 地域の祭り受け継いで 3年ぶりだんじり差し上げ披露 勇姿に住民ら拍手

2022/09/16 10:29

愛媛県西条市三津屋地区で秋祭りの運営を担う住民組織「三津屋祭会」が発足30周年を迎えた。11日、同市三津屋南の大曲公園で記念イベントを開き、担ぎ手約50人がだんじりの練りや差し上げを披露。新型コロナウイルス禍で3年ぶりに姿を見せただんじりに、集まった住民らが大きな拍手を送り、地域の祭りに思いをはせた。  同地区では長らく子どもを中心とした小さな祭りを続けていたが「大勢の人が子や孫を連れて集まるような祭りを」と1992年に旧西条市で使っていただんじりを購入し、現在の祭りの形ができた。保管倉庫の火災でだんじりを失う苦労もあったが、93年からはJR壬生川駅前で近隣地区のだんじりや太鼓台を集めた統一運行を始め、旧東予市地域の恒例行事となった。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.