店長ブログ

愛媛県今治市の新しいご当地スイーツ「今治(バリ)ブレスト」のオリジナルレシピを東京のホテルに勤めるパティシエの徳永純司さん(40)が考案し、3日、今治明徳短大(今治市)での特別授業で初披露した。
 今治ブレストは、市が今治の魅力を発信しようと取り組んでいる「アイアイ今治キャンペーン」の一環で考案された菓子。フランスの自転車レース「パリ・ブレスト・パリ」にちなんだ車輪形の菓子に着想を得たもので、今治産の食材を使うことと車輪形にすることなどが条件。現在、市内の13店舗でオリジナルの今治ブレストが提供されている。
 徳永さんは今治市出身で、「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」でパティシエの長を務めている。今回、市からの依頼でオリジナルレシピを考案し、今治明徳短大のライフデザイン学科スイーツ・カフェコースと調理師専修科の学生18人に作り方を教える特別授業を実施した。
ラブホテルでデリヘル 嬢へのカメラを使った盗撮がばれ、怖くなって携帯電話の番号を変えたのですが、調べられて警察から任意出頭を求められています。
引っ越こす予定でそれまで使っていたパソコンやHDDなども捨ててしまいました。
スパイカメラのSDには2年ほど前の余罪が一件、3年以上前の余罪が2件ほどあります。
もし、示談拒否されてしまった場合、懲役刑は免れないでしょうか?

【弁護士の回答】
罰金刑や懲役刑、執行猶予の有無等いろいろ考えられると思います。量刑を求める情状において、ご指摘のように示談の事実は一定程度大きいものとはなります。

ただ、単純に示談拒否=懲役刑と断定はできません。情状弁護次第かと存じます。
ご参考いただければ幸いです。