店長ブログ | 誤認逮捕問題 県警50万円の見舞金支払(愛媛県)

誤認逮捕問題 県警50万円の見舞金支払(愛媛県)

2019/08/22 19:48:04

先月、松山東警察署が女子大学生を誤認逮捕した問題で、愛媛県警が職員の福利厚生事業を行う互助会から、女子大学生に、見舞金50万円を支払っていたことが分かった。

この問題はタクシーから売上金などを盗んだとして、先月、22歳の女子大学生が松山東警察署に誤って逮捕されたもの。女子大学生の弁護士によると、22日までに県警から見舞金として50万円を受け取ったということだ。

また、捜査関係者によると、見舞金は、警察職員の福利厚生に関する事業を行う互助会から支払ったという。

なお、今月1日に行なった会見で女子大学生の弁護士は女子大学生が嫌疑なしの不起訴処分を受けたことに対し、検察に対して被疑者補償規程に基づく補償を申し出ていることも明らかにしていた。