店長ブログ | 無許可でクラブ営業 風営法改正後初の摘発

無許可でクラブ営業 風営法改正後初の摘発

2018/01/30 23:28:57

東京 渋谷で、客がダンスを踊る「クラブ」を未明の時間帯に無許可で営業したとして、店の経営者ら3人が警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、東京 渋谷区渋谷のクラブ「青山蜂」の経営者、後藤寛容疑者(47)ら3人です。警視庁によりますと、後藤容疑者らは28日午前2時すぎ、店内に音楽を流し酒を提供したうえで客にダンスをさせたとして、風俗営業法違反の疑いが持たれています。

おととしの風俗営業法の改正で、クラブは公安委員会の許可があれば一定の条件のもとで朝まで営業できるようになりましたが、この店は、住宅街に近く0時以降の営業は認められない場所だったということです。

近くの住民などから音がうるさいといった苦情が寄せられ、警視庁がこれまでに2回営業をやめるよう指導していましたが、したがわなかったため、逮捕に踏み切ったもので、警視庁によりますと3人は、いずれも容疑を認めているということです。店では、この5年間でおよそ1億3500万円の売り上げがあった見られ、警視庁が詳しい実態を調べています。

風俗営業法の改正後、無許可営業のクラブが摘発されるのは全国で初めてです。東京 渋谷で、客がダンスを踊る「クラブ」を未明の時間帯に無許可で営業したとして、店の経営者ら3人が警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、東京 渋谷区渋谷のクラブ「青山蜂」の経営者、後藤寛容疑者(47)ら3人です。警視庁によりますと、後藤容疑者らは28日午前2時すぎ、店内に音楽を流し酒を提供したうえで客にダンスをさせたとして、風俗営業法違反の疑いが持たれています。

おととしの風俗営業法の改正で、クラブは公安委員会の許可があれば一定の条件のもとで朝まで営業できるようになりましたが、この店は、住宅街に近く0時以降の営業は認められない場所だったということです。

近くの住民などから音がうるさいといった苦情が寄せられ、警視庁がこれまでに2回営業をやめるよう指導していましたが、したがわなかったため、逮捕に踏み切ったもので、警視庁によりますと3人は、いずれも容疑を認めているということです。店では、この5年間でおよそ1億3500万円の売り上げがあった見られ、警視庁が詳しい実態を調べています。

風俗営業法の改正後、無許可営業のクラブが摘発されるのは全国で初めてです。