店長ブログ

松山市のアミューズメント施設「キスケBOX」(松山市宮田町、TEL 089-998-3000)が7月31日~8月2日の3日間、「喜助の夜市」を開催する。(松山経済新聞)  キスケBOXは、6370坪の敷地にボウリングや天然温泉、キッズパーク、飲食店などを擁する総合アミューズメント施設。今回のイベントでは、駐車場1階でレーザー花火大会と屋台、ライブパフォーマンスやご当地プロレス興行を行うほか、施設内の各店舗で射的や輪投げなどのアトラクションを行う。  駐車場スペースでの花火大会を実現するのは「レーザーマッピング」と呼ばれる技術。従来のプロジェクションマッピングにレーザーの演出を加えることで、「本物の花火のような臨場感を実現する」という。  花火会場向かいのスペースには20店以上の屋台が出店。トウモロコシ、綿あめ、たこ焼き、ポップコーンなどのほか、松山ならではのメニューとして、じゃこ天や三津浜焼きなどを販売。屋台ではスタンプラリーを行い、3個買い上げごとに同施設の割引クーポンを進呈する。  最終日となる8月2日には、愛媛プロレスによる「真夏の激アツフェスタ」も開催。西日本最高峰の石鎚山を擁する西条市出身「石鎚山太郎」や、紙の町四国中央市出身で、マスクの頭頂部からのぞくティッシュペーパーがポイントの「凡人パルプ」、愛媛プロレスの代表を務める「キューティエリー・ザ・エヒメ」など、ご当地プロレスならではの個性あふれるレスラーらが熱戦を繰り広げる。  広報担当の川又万友さんは「今年は新型コロナウイルスの影響で祭りや花火大会が中止となり、夏の風物詩を楽しむ機会が減ってしまった。子どもたちに少しでも夏を味わい、思い出に残るイベントを提供したいという気持ちで夜市を企画した。コロナ対策にも配慮して運営するので、夏の思い出づくりに訪れてほしい」と話す。  新型コロナウイルス対策として、入場ゲートを1カ所に限定し、検温と手指の消毒を行う。飲食ブースには飛まつ防止シートを設置するほか、来場者にもソーシャルディスタンスの維持を呼び掛ける。  レーザーマッピングによる花火は、各日19時45分~、20時15分~、20時45分~。屋台の営業は7月31日=17時~21時、8月2日・3日=15時~21時。愛媛プロレスイベントの開催は2日17時30分~(観覧無料、限定80席のリングサイド特別席のみ500円)。
新居浜市の商店街で建物の壁をスクリーンに映画を楽しむ屋外シネマショーが開催された。 新居浜市の登道南商店街で30日夜、開かれた屋外シネマショーには地域の住民およそ200人が訪れた。毎年恒例の商店街の夜市がコロナの影響で中止になったことを受けて、密にならない空間で地域の人が楽しめる場を作ろうと新居浜登道南商店会が企画した。 スクリーンは地元のライブハウスの壁、シートは間隔をあけて用意されたソファーやクッション。訪れた人たちは開放的な空間で映画を鑑賞した。親子で参加したある男性は「コロナで様々なイベントがなくなる中、このような工夫で実施してもらえると参加するのも楽しい。」などと話していた。 冬には、ライブハウスの中でのシネマショーも、計画されているという。
愛媛県の中村時広知事は31日、四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)で1月にトラブルが相次いだことで中断中の定期検査について、条件付きで再開を認める方針を明らかにした。四国電に対して、緊張感を持った対応の継続などを近日中に要望する。

伊方町の高門清彦町長が同日県庁を訪れ、「四国電の(再発防止策など)報告書を町としては理解する」と報告した。中村知事は「公の場で経営者としてどういう姿勢か、県民に約束してもらうのが重要だと思う」と述べ、近く四国電に申し入れを行うとした。
伊方原発3号機では定検中の1月にトラブルが続発。定検再開に向けて、地元理解が焦点となっていた。
松山市などの小中学校はすでに夏休みですが、臨時休校の影響で愛媛県内17市町では1学期が続いていました。 このうち伊予市などでは31日がようやく終業式、待ちに待った夏休みに入りました。 1学期が続いていた17市町のうち、松野町を除く16市町では31日が1学期最後の日。 このうち、伊予市の郡中小学校では6年生の児童たちが夏休みにしたいことなどを発表しました。 女子児童「コロナに感染しないように、あんまり外に出ないで、家で頑張ります」 通信簿は1学期の授業日数が少なかったことから、例年と違い数字の評定はなく、担任からのコメントだけとなりました。 女子児童「『地域の防災について話し合おう』でお互いの立場や考えを明確にしながら司会進行をしました。自分のいいところを、先生がしっかり見てくれてるんだなと」 このあと行われた終業式はテレビ放送で、夏休み中の感染防止を呼びかける校長先生の話だけ。 子供たちが静かに過ごす1学期最後の日となりました。 男子児童「水泳大会とかなくなって、そんなに楽しい行事もなかった。(2学期は)ちゃんと授業とかも集中して頑張りたいです」 女子児童「(夏休みは)コロナで出かけられないので、勉強をちゃんとして、弟と一緒に走ったり、鬼ごっこをしたり、運動不足解消しようと思います」 伊予市では来月24日から2学期で、例年より約2週間短い夏休みとなります。