店長ブログ

松山南署は22日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで愛媛県新居浜市の小学校教諭の男(29)を緊急逮捕した。容疑は19日午後2時10分ごろ、住所不定、無職の少女(16)が18歳未満であることを知りながら、松山市内のマンションで少女のわいせつな動画をスマートフォンで撮影し、児童ポルノを製造した疑い。署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合った。
J3FC今治の波止浜グラウンド(今治市波止浜)の人工芝化が完了し14日、「NPフィールド波止浜」として生まれ変わった。ユースやレディースチームの練習、サッカースクールなどに引き続き活用する。
 クラブによると、グラウンドは約5700平方メートルで地元企業が所有。FC今治が今越FCだった20年前からチームに無償貸与され、かつてはメイン練習場として使用していた。天然芝だったが、天候の影響を受けにくい人工芝への張り替えを昨年10月からクラブが進めていた。
 14日に完成を祝う式典があり、FC今治の矢野将文社長は「今年は小学4年生までのチームを立ち上げ、ユースまでの全カテゴリーでの活動が始まる。夢スタに続く聖地の一つができた」とあいさつした。
うその請求書を使い取引先の会社から約束手形をだまし取った疑いで16日、新居浜市の会社員の男が逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、新居浜市東雲町の会社員高橋孝英容疑者(55)です。

警察によりますと高橋容疑者は、配管を販売する会社の営業担当だった2015年9月、取引先の会社にうその請求書を使って資材の代金を請求し、額面約47万円の約束手形をだまし取った疑いです。

警察は今後の捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

警察は余罪があるとみて厳しく追及しています。
去年10月の新居浜太鼓祭りで、禁止されている鉢合わせを行ったとして2つの太鼓台の責任者ら4人が暴力行為等処罰法違反などの疑いで書類送検された。

松山地検西条支部に書類送検されたのは、川西地区の新須賀太鼓台と西原太鼓台の現場責任者と運行指揮者のあわせて4人。警察によると4人は去年10月新居浜市港町の市道交差点で、新須賀太鼓台と西原太鼓台のかき夫らをあおり20数回にわたって鉢合わせし、太鼓台を壊すなどの暴力行為を行った疑いがもたれている。

新居浜太鼓祭りでの鉢合わせは運営委員会の申し合わせで禁止されているが、9年連続で繰り返されている。
去年10月、愛媛県新居浜市の新居浜太鼓祭りで禁止されている鉢合わせを行ったとして、太鼓台の現場責任者ら4人が14日、暴力行為法違反などの疑いで書類送検されました。

書類送検されたのは、新須賀と西原の太鼓台の現場責任者と運行を指揮する担当者、あわせて4人です。調べによりますと4人は、去年10月17日、新居浜市港町の交差点でかき夫らをあおり禁止されている鉢合わせを二十数回に渡って行い、太鼓台を壊すなどの暴力行為をした疑いがもたれています。新居浜太鼓祭りでは、2011年以降、毎年、太鼓台の鉢合わせが行われていて、実効性のある再発防止策を打ち出せるのか問われています。