店長ブログ

剣道の第66回全日本選手権愛媛県予選は26日、県総合運動公園補助体育館で行われ、村上泰彦5段(県警)が初優勝を果たした。
 村上は決勝で渡部一輝6段(県警)と対戦し、延長戦で面を決めた。村上は11月3日に日本武道館で行われる全日本選手権に出場する。

【愛媛国体落選 悔しさ糧】
 「しっかり準備し、一戦一戦の相手に集中できた」。昨年の愛媛国体に出場できなかった悔しさをバネに、村上泰彦が念願の頂点をつかんだ。
 国士舘大学時代に全日本学生優勝大会で団体優勝し、2015、16年の国体にも出場した県内屈指の実力者。しかし、目標としていた愛媛国体でメンバーに選ばれず、「ここが自分の剣道人生の踏ん張りどころ」と並々ならぬ覚悟でこの大会に臨んだ。
 じっくりと相手の出方をうかがって戦い、初戦から準決勝まですべて延長戦で小手を決めて勝ち上がった。もともと得意は面だが、昨年の強化練習で「小手を意識させることで面が生きる」と教わって以来、日々の練習で小手に磨きをかけてきた。相手の手元が上がったり、不用意に前に出てきたりしたら「見逃さずに打てるようになった」という。
 決勝の相手は県警の同僚で、3年前に優勝した渡部一輝。スピードと気迫にあふれる攻めをさばきつつ、勝機を探った。一進一退で迎えた延長戦、場外で仕切り直した直後に「無心で打った」という面で勝負を決めた。
 初挑戦から6年目での栄冠に「全日本選手権には大学の同級生が大勢出場しており、やっと自分も出られるとほっとした」と村上。「県勢初の優勝を目指す」とさらなる高みを見据えている。
中央省庁が雇用する障害者数を水増ししていた問題で、愛媛県西条市は24日、少なくとも2013年度から障害者雇用率が高くなるよう不適切な処理をしていたと発表した。障害者を実際の配属先とは違う部局で雇用しているよう書面上で調整し、厚生労働省に虚偽の報告をしていた。障害者雇用数は嘱託職員などを含めていたにもかかわらず、正規職員のみの少ない数値で割る計算をしていた。
株式会社くらコーポレーション

「さかな100%プロジェクト」から生まれた
愛媛県産ブランドみかん“清見”を食べて育った鯛
日本初!限定販売!!
「清見みかん真鯛」
「とろvsふぐフェア」も8月24日(金)~30日(木)で開催!

 回転寿司チェーン「無添 くら寿司」を運営する株式会社くらコーポレーション(代表取締役社長:田中邦彦、所在地:大阪府堺市)は、全国の「無添 くら寿司」にて、「フルーティーフィッシュ®」の新商品として「清見みかん真鯛(一貫)」を8月24日(金)から数量限定にて販売します。また、同日より、「とろvsふぐフェア」を8月30日(木)まで開催いたします。今回のフェアは大人気商品、「熟成 大とろ」を始め、とらふぐなど豪華ラインアップでご提供します。
サッカーの東京都1部リーグ南葛SCは22日、元日本代表MF福西崇史氏(41)=愛媛県新居浜市出身=が、選手として入団すると発表した。2008年シーズンを最後に引退して以来、10年ぶりの現役復帰となる。
 福西氏は1995年に新居浜工業高から磐田に入団し、FC東京、東京Vを渡り歩いた。身長181センチ、体重77キロの体格を生かした大型ボランチとして活躍し、J1通算349試合62得点。日本代表としても国際Aマッチ64試合で7得点を記録しており、2002年、06年のワールドカップにも出場した。
 南葛SCは、サッカー漫画「キャプテン翼」の作者高橋陽一氏が後援会長を務めるクラブで、Jリーグ加盟を目指している。クラブが発表した福西氏の談話によると、高橋氏からのオファーで入団を決断したという。
 福西氏は「多くの選手と同じく、『キャプテン翼』を読んでサッカーにはまった。将来はJリーグの監督を目指しており、現場の空気を吸い、真剣勝負の場に身を置くことはプラスになると考えた」としている。
全国中学校体育大会第6日は22日、島根県立体育館などで行われ、愛媛勢はソフトテニス女子個人で山岡鈴芽・山岡愛芽ペア(伯方)が準優勝した。

【息ぴたり 双子姉妹快進撃】
 「ベスト8を目標にしていたが、まさか決勝に進むとは」。ソフトテニス女子個人で準優勝に輝いた伯方の山岡鈴芽(すずめ)・愛芽(かなめ)ペア。2年連続1回戦敗退だった双子姉妹は中学最後の夏、快進撃に驚きながら声を弾ませた。

 一番苦しかったと振り返るのは2回戦。3―1と勝利まであと1ゲームに迫ったが、相手に粘り強く攻められ3―3に。7ゲーム目は「足を動かし、2人とも前に出て積極的にボールを打った」(山岡鈴)と果敢に攻めて接戦を制した。

 準決勝では1―3と追い込まれながらも、相手の後衛との打ち合いで「負けじと打ち返した」(山岡愛)と攻めを貫き、試合をひっくり返した。決勝は相手のうまさに押し負けたが「準優勝でうれしい」と達成感に浸る。

 2人は姉の影響で、小学1年からソフトテニスを始めた。ずっとペアを組み、互いの持ち味を把握してカバーし合うなど息もぴったり。「高校でも全国大会に行きたい」と声をそろえる。
 「ピンチでも強気で打ちきれていた。試合内容も動きも今までで一番良かった」と羽藤雅宏監督。指導してきた山岡義忠コーチは「最後まで諦めずにプレーしていた。感無量」と手放しでたたえた。