店長ブログ

スタートアップ企業のビジネスプランを審査する「愛媛グローカル・フロンティア(EGF)アワード」で、サイクリスト向け複合施設を提案した、わっか(愛媛県今治市)が最優秀賞に決まった。同社を含む9事業者が優秀賞、奨励賞などを受賞。県や創業サポーターの金融機関・企業などは今後、各社の資金調達や事業の立ち上げを支援していく。
画像の拡大
ビジネスプラン審査で最優秀賞に決まったわっかの村上あらし社長(前列中央)ら受賞者
EGFアワードには、県内外から85件の応募があり、書類審査を通過した9事業者が26日、松山市内でプレゼンテーションを行い、プランの斬新さや将来性を競った。
最優秀賞のわっかは、村上あらし社長(43)が昨年に設立。しまなみ海道のほぼ中間点に位置する大三島で、サイクリスト向けの休憩、宿泊、食事、シャワー、洗濯などの複合施設を計画している。19年8月に開業の予定。人の移送のための船舶や車両も備える。
優秀賞には2件が決定し、このうち同県大洲市のSTILLLIFEは、19年度から古民家を活用し、画家などが創作活動に使える場と民泊施設を営む。もう1件は松山市のアロマ・ケアサロンひまわりで、かんきつと森林素材をブレンドしたアロマオイルを19年12月に商品化する計画だ。
私立松山聖陵高(松山市)は28日、春の選抜高校野球大会に出場する野球部の男性監督(37)が部員の頭を小突く映像が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されていると明らかにした。監督は同校の調査に「厳しい指導を反省する。今後は説諭する指導をしたい」と話したという。
同校によると、動画は昨年9月ごろ、松山市内の野球部宿舎で撮影されたとみられ、監督が1年生部員の顔をつかみ、頭を壁にぶつける様子が写っている。生活態度について注意していたとみられる。春の大会出場が決まった25日の夜、ツイッターに投稿された。
同校は26日午前、動画を確認し、監督に聞き取り調査した。動画の削除依頼や投稿者の特定はせず、動画に写っていた部員への聞き取りもしない方針。県高野連には28日、報告した。
渡部正治校長は「暴力ではなく、指導の一環だ。ルール違反を繰り返す生徒への最も厳しい指導と捉えており、処分は高野連の判断に委ねる」と話しており、監督は野球部の指導を続けるという。
2010年2月に片男波部屋を継いだ西予市出身の片男波親方(47)=元関脇玉春日。継承から9年近くを経て、まな弟子の玉鷲関が悲願の初優勝を果たした。「私がなし得なかった優勝を弟子が果たしてくれてうれしい」。おだやかなほほ笑みを浮かべた。
 
 優勝を争っていた横綱白鵬関が14日目から休場。片男波親方は「優勝を意識しなければいいが」と肩に余計な力が入ることを心配していた。
 碧山関を押し出しで退け、迎えた千秋楽。親方の目には「昨日(26日)の方が緊張していたので、いつもと変わらない様子」に映っていた。実は朝の稽古で玉鷲関から「今日(27日)未明に第2子が生まれた」と報告を受けていた。「運が向いており、必ず勝つと思っていた」。自信を持って土俵に送り出した。
 突き落としで優勝を決めた瞬間、くしくも審判として土俵下から見守っていた。「まさか目の前で見ることになるとは。とても緊張した」と苦笑する。
 以前は兄弟子、引退後は親方として玉鷲関との付き合いは16年になる。入門当初は日本語を話せず、相撲も未経験だったため「ど素人が入ってきた。正直大丈夫かな」と心配していたと振り返る。だが、泣き言を言わず、こつこつ努力する姿を見守ってきた。親方は「彼の努力が報われた。神様からのプレゼントのよう」とたたえた。
 9年前に部屋を継いで以降「勝敗にかかわらず常に謙虚であれ」という伝統の教えを重んじ、自発性を尊重しながら熱心に指導してきたことが結実。初場所優勝で大関昇進にも大きく前進した。現在、部屋の弟子は3人。片男波親方は「(優勝を機に)新弟子を獲得したい」と部屋の隆盛にも意欲をにじませた。
グループ活動休止後、嵐のメンバーはどうなるのか。芸能活動を休む大野をのぞく4人はソロとしての道を進む。現在5人で出演中の日本テレビ「嵐にしやがれ」、フジテレビ「VS嵐」は活動休止に伴い終了するのが確実。メンバーが個別に出演している番組は続行し、それぞれの特性を生かしていくことになる。

 日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」などのバラエティーやラジオのレギュラー番組を持つ相葉は俳優業のほか、バラエティーでの活躍が見込まれる。二宮は定評ある俳優業のほか、バラエティー、ラジオにも個人で出演しており、この路線を続ける。

 櫻井は日本テレビの報道番組「news zero」の月曜キャスターとしておなじみ。同局の五輪放送をはじめとしたスポーツ中継でも活躍しており、今後もキャスターや進行を担っていく。存在感ある演技で評価の高い松本は俳優として活動する。

 ただ、5人でバラエティーに出演する姿は見ることができなくなる。そろって出演した番組では国民的アイドルとしてメンバー間の仲の良さが伝わり、幅広い世代が親近感を持っていた。そうした活動がなくなることでお茶の間との距離感が広がることを危惧する声も上がっている。
宇和島署は、27日までに、松山市の無職A男、同市の会社員B男、同市の無職C男、同市の会社員D男を、電磁的公正証書原本不実記録・同供用事件被疑者として逮捕した。被疑者らは、共謀の上、平成29年1月11日、松山市役所支所において、内容虚偽の婚姻届を提出して受理させ、同婚姻手続きに関して、松山市役所及び鬼北町役場の職員をして、権利義務に関する公正証書の原本として用いられる電磁的記録である被疑者C男及びE女の戸籍ファイルにその旨不実の記録をさせ、これを真正な戸籍ファイルとして松山市役所及び鬼北町役場に備え付けさせたもの。