店長ブログ

助教は盗撮を認めており、同校は刑事告発や懲戒処分をする方針。
 発表によると、助教は11月24、27日の放課後、実験室を訪れていすに腰掛けた女子学生のスカートの中を、手に隠し持った小型カメラで撮影した。盗撮された学生は両日とも数人で、別の学生が助教の不自然な動きに気づき、クラス担任に相談して発覚した。
 内部調査に対し、助教は「盗撮した。学生に申し訳ない」と認めた。カメラは研究用に購入した備品。パソコンとともに調べた結果、盗撮動画が見つかった。
アダルトビデオに関する著書等もあるライター・東良美季氏が、風俗業界の裏側をルポした新刊を出した。タイトルは『デリヘルドライバー』(駒草出版/1500円+税)。デリヘル嬢を車に乗せ、客の元へ送り届けるドライバーたちのリアルな夜を綴ったノンフィクションだ。
 本書には、携帯電話を手に夜の道路を疾走し、見知らぬ男と女の逢瀬をサポートする9人の男が登場する。
 「デリヘルドライバー急募」「即採用」「日給1万円以上日払」、さらに「年齢不問」と書かれた夕刊紙の広告を目にし、運転免許だけを頼りに職に就いた男たち。彼らは一体、どのような人生を通過してそこにたどり着いたのか、9人それぞれのドラマが興味深い。
 また、どんな気持ちで運転しているのか、最も心掛けていることは? と問われると「時間厳守」、つまりスピードと安全が大切という。
 仕事に対する責任感を持ったごく普通の社会人であり、後部座席に座るデリヘル嬢の私生活には決して深入りしない。夜の女たちを冷静に見つめる視線を持ったプロフェッショナルといえよう。
 性とカネが渦巻く風俗業界を客観視しつつ働く彼らは、さながら夜の街を対岸から眺めている傍観者のようで、読み終えると人間のしたたかな凄みを感じさせる1冊だ。
 
東京・港区で、無許可でキャバクラ店を営業していたとして経営者の女が逮捕されました。

 飲食店経営の川田操容疑者(34)は、港区麻布十番で風俗営業の許可がないにもかかわらず、店内で客の隣に座って接客をするなど、キャバクラ店を営業した疑いが持たれています。警視庁によりますと、これまでにも店内で川田容疑者が客の接待をしていたため警視庁が指導していたということですが、応じなかったため、逮捕に踏み切ったということです。取り調べに対して、川田容疑者は「私が接待したのは間違いありません」などと容疑を認めているということです。店は1カ月で450万円ほどの売り上げがあったということで、警視庁が詳しく調べています。
勤務先の女子トイレに侵入したとして、群馬県警富岡署は3日、建造物侵入の疑いで富岡市下高瀬、消防士、中野竜矢容疑者(29)を逮捕した。富岡署によると、「盗撮目的で入った」と供述している。
 逮捕容疑は2日午後7時50分ごろ、富岡市内の消防署の女子トイレに侵入した疑い。中野容疑者は同じ建物にある消防本部に勤務していた。
 3日未明に女性職員がトイレ内に設置された小型カメラを発見、上司が警察に通報した。カメラに写っていた男の姿から中野容疑者が浮上した。
電車内で女子高校生(17)の下半身を触ったとして、警視庁は4日、東京都葛飾区東堀切1丁目、会社員藤冨史朗容疑者(43)を都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕した。巣鴨署への取材でわかった。容疑をおおむね認め、「去年の夏ごろから同じ子にやっていた」と話しているという。
 巣鴨署によると、逮捕容疑は4日午前7時50分過ぎの5分余り、都営地下鉄三田線の巣鴨―春日駅間を走行中の電車内で、女子高校生の後ろや前に立ち、断続的に下半身を触ったというもの。女子高校生が藤冨容疑者の手をつかみ、近くにいた捜査員が身柄を確保した。
 警視庁は先月29日、女子高校生から「1年間ほど同じ人に痴漢をされている」という相談を受けて、翌30日から警戒にあたっていた。