店長ブログ

愛媛県西条市氷見の石岡神社が、参道にある大鳥居を約100年ぶりに修繕している。本体を支える基礎部分が経年劣化したため、鳥居を分解して基礎を交換し、再び組み直した。300年以上前に建造された歴史ある社の象徴を未来に残そうと、地元の石材店が一肌脱いだ。40センチほどかさ上げしたため、工事後の鳥居の高さは約7.2メートル。例年の秋祭りのだんじりの全台がくぐれる高さになった。
10月に行われる勇壮なみこしの鉢合わせで知られる松山市道後地区の秋祭りについて、道後八町会は5日夜、市内のホテルで会合を開き、新型コロナウイルスの感染予防を理由に、鉢合わせを含め、全てのみこし運行を今年は中止すると明らかにした。道後八町会によると、中止は初めて。
新居浜市内で4日未明、軽乗用車が電柱に衝突し運転していた男性が死亡しました。男性は運転代行の仕事中で、車内に客はいませんでした。 4日午前3時40分過ぎ、新居浜市徳常町の市道で軽乗用車が道路の左脇にある電柱に衝突しました。この事故で、軽乗用車を運転していた市内宇高町に住む会社員・渡邉勇気さん(40)が腹などを強く打ち、死亡しました。 渡邉さんは運転代行の仕事中で事故当時、車内に客はいなかったということです。
3日夕方、愛媛県宇和島市で、商業施設の駐車場に軽乗用車が猛スピードで突っ込み、7人がケガをしました。その瞬間を愛媛の南海放送のカメラがとらえていました。
午後4時過ぎ。宇和島市中心部にある商業施設です。挙動がおかしい銀色の自動車が駐車場に侵入してきます。そして、そのままのスピードで歩行者のすぐ横をすり抜け、別の車に衝突しました。
直後、南海放送の記者が現場に駆け付けたところ、車にはドライバーが乗ったままで消防が救助にあたっていました。
宇和島市で2日夜、ベトナム人実習生の男が同じ寮に住むベトナム人男性を包丁で切りつけ、殺害しようとした疑いで逮捕されました。 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、宇和島市坂下津のベトナム人技能実習生・ダオ・トゥアン・アイン容疑者(25)です。 警察によりますとアイン容疑者は2日午後10時前、会社の独身寮の2階で、同じ部屋に住む22歳のベトナム人技能実習生を包丁で切りつけ、殺害しようとした疑いがもたれています。 アイン容疑者は「殺そうとまでは考えていなかった」と容疑を一部否認しています。男性は左胸を切られ命に別条はないということです。 事件の直前2人は口論していたということで、警察は犯行の動機などを追及しています。