店長ブログ

人気演芸番組「笑点」で長く親しまれた落語家で落語芸術協会会長の桂歌丸(かつら・うたまる、本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、死去した。81歳。

 1951年、15歳で五代目古今亭今輔に入門し前座名今児(いまじ)を名乗った。2年半ほど落語界から遠ざかったが、61年兄弟子の桂米丸門下に移り米坊として出直し。64年歌丸と改名し、68年に真打ち昇進した。

 66年に始まった日曜夕方放送の「笑点」では、一時降板したが、当初からのレギュラーメンバー。三遊亭小円遊さん(80年死去)や三遊亭楽太郎(現六代目円楽)さんとの掛け合いが、茶の間の人気を呼んだ。2006年には五代目円楽さん(09年死去)に代わって5代目の司会者を16年まで務め、高視聴率番組の安定した人気をけん引した。

 生家は横浜の妓楼(ぎろう)。地元愛は有名で、74年からは地元にある三吉演芸場で独演会を開いてきた。芸や噺(はなし)の継承にも力を入れ、「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」「怪談乳房榎(ちぶさえのき)」といった三遊亭円朝の長編の続き物を数多く手がけた。

 04年に落語芸術協会会長、10年からは横浜にぎわい座館長も務め、後継の育成や落語界発展に尽くした。

 芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭賞など受賞多数。07年旭日小綬章。16年文部科学大臣表彰。

 著書に「座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生」など。

 近年は誤えん性肺炎などで体調を崩し、入退院を繰り返していたが、今年4月の国立演芸場では隔日でトリをつとめ、長講の「小間物屋政談」を熱演していた。
日本フットボールリーグ(JFL)のFC今治は28日、愛媛県今治市高橋ふれあいの丘のありがとうサービス.夢スタジアムで工藤直人新監督(35)=西条市出身=の就任会見を開いた。工藤監督は「クラブ全体で勝利にこだわり、J3昇格を目指す」と所信表明した。
 木村孝洋フットボール事業本部長が監督交代の経緯を説明。「昨季の14節終了時点と比べ勝ち点が少なく、今季J3昇格を目指すクラブとして流れを変えるために決断した」と、成績不振を理由に吉武博文前監督を解任したことを明らかにした。
愛媛県の新居浜市太鼓祭り推進委員会(会長・真木増次郎市議会議長)の2018年度第1回総会が27日夜、市消防庁舎であり、懸案となっている鉢合わせの再発防止策を盛り込んだ平和運行実施計画案を小委員会で精査し、9月の総会での決定を目指すことで一致した
調味料大手の日本食研ホールディングス(愛媛県今治市)は26日、台湾と中国に焼き肉のタレなど調味料を生産する工場を新設すると発表した。それぞれ2020年春、18年12月に稼働予定。台湾では初めての生産拠点となる。2カ所合計の初期投資額は60億円超。現地の調味料の需要拡大に対応する。
 台湾では南部の嘉義県に現地法人の本社工場を新設する。敷地面積は1万7930平方メートル、延べ床面積は9620平方メートル。12月に着工し、20年春に稼働予定。初期投資額は約33億円だ。焼き肉のタレや空揚げ粉、天ぷら粉などを製造し、生産能力は年8000トン。
 同社は台湾ではこれまで、台北など4カ所に営業拠点を設け、日本国内で生産した商品を輸出していた。担当者は「現地生産に切り替えることで、台湾の市場に合わせた柔軟な商品開発や生産量の調整ができる」としている。
 また中国では、江蘇省南通市に現地法人の本社工場を建設する。同国では別の現地法人の本社工場に続く2カ所目の生産拠点で、既存工場の生産余力が少なくなっていることに対応する。台湾工場と同じくブレンド調味料を製造する。生産能力は同社の海外工場で最大規模の年2万5000トンとする。
 敷地面積3万3270平方メートルで、延べ床面積1万4030平方メートル。初期投資額は約30億円。すでに着工しており、12月の稼働を目指す。
NPO法人シクロツーリズムしまなみ(愛媛県今治市、山本優子代表理事)は、7月7日に同市波方町波方の市なみかた海の交流センター2階にゲストハウス「Cyclocafe&bookHostel なみトみなと」をオープンする。