店長ブログ

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機で、プルトニウムとウランを混ぜた使用済みの「MOX」燃料の取り出しが、国内の商業用の原発として初めて始まりました。
伊方原発3号機では、先月下旬から定期検査が始まり、原子炉に格納されている157体の核燃料を取り出す作業などが行われます。

中にはプルトニウムとウランを混ぜた「MOX燃料」も16体含まれていて、国内の商業用原発で使用済みの「MOX」燃料が取り出されるのは初めてだということです。
14日、伊方原発では原子炉から取り出され、「使用済み燃料ピット」という大型のプールに移された「MOX燃料」が報道関係者に公開されました。

使用済みのMOX燃料の取り出しは、16日までに完了する見通しですが、プールで保管したあと持っていく場所は、現在は決まっていないということです。

また原子炉には、新たなMOX燃料5体が入れられますが、こうした作業はことし3月に実施されるということです。

四国電力は「作業は順調に進んでいる。引き続き、安全第一に進めていきたい」としています。

一方、今回の伊方原発3号機の定期検査では、12日、核分裂反応を抑える制御棒1体が誤って引き抜かれるトラブルが発生していて、四国電力は原因の調査も並行して行っています
12日昼頃、愛媛県今治市と東温市で住宅火災が相次ぎ、
合わせて2人が死亡しました。
警察と消防によりますと、このうち今治市では午前11時50分ごろ、
市内大正町の清掃員・大橋美都子さん(71)の木造2階建て住宅から出火し、
約30平方メートルを全焼するなどしました。

この火事で、焼け跡から同居する息子の誉さん(43)の遺体が見つかったほか、
大橋さんも手にやけどを負うなどしました。

一方、その1時間後には、東温市樋口の無職・和田久巳さん(83)の
木造平屋建て住宅から出火し、約320平方メートルを全焼、
焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

同居する妻の話から、警察は遺体が和田さんとみて確認を進めています。
愛媛労連などによる新春合同旗開き(実行委員会主催)が10日、松山市三番町5丁目のえひめ共済会館であった。労連の今井正夫議長は米国とイランの対立に触れ「安倍政権は自衛隊の中東派遣を推し進めようとしている。軍事的緊張が高まっている中、自衛隊派遣ではなく憲法9条に基づいた平和的外交に力を尽くすべきだ」と訴えた。
28日夜、宇和島市吉田町立間尻の国道56号で路上に倒れているのが見つかり、死亡が確認された近くの会社員山内淳さん(57)について、宇和島署は29日、交通事故で死亡したとみて捜査中と発表した。
 署は当初、事件と事故の両面から調べていたが、山内さんの身体状況などから交通事故と断定。死亡ひき逃げ容疑事件として、現場付近で聞き込みなどの捜査をしている。現場は片側1車線の直線。
22日の夜、伊予郡松前町で男性がひき逃げされて死亡した事件で、警察は34歳の看護師の女を逮捕した。

ひき逃げと過失運転致死の疑いで逮捕されたのは松山市余戸東2丁目の看護師 日山さくら容疑者(34)。警察によると日山容疑者は22日の午後9時半ごろ、松前町筒井の町道で普通乗用車を運転中、64歳の男性と衝突し現場から立ち去った疑いがもたれている。男性は頭などを強く打っていておよそ2時間半後に死亡した。

日山容疑者は23日午前「同じ時間帯に現場を通った。私かもしれない」などと警察に連絡してきたということで、調べに対し「何かに乗り上げた感じはあったが、人だとは思わなかった」などと供述しているという。

警察は日山容疑者の車に目立った傷がないことから路上に倒れていた男性をひいた可能性もあるとみて、事故の詳しい状況を調べている。