店長ブログ

元サッカー日本代表の福西崇史さん(41)と遠藤彰弘さん(42)が指導する「朝日新聞ファミリーサッカースクール」が15日、今治市高橋ふれあいの丘の市営スポーツパークサッカー場であった。小学1~6年生と保護者計約200人が参加した。
 参加者は新居浜市出身の福西さんの指示を聞きながら、親子が手をつないでドリブルをしたり、パス交換をしたりした。ミニゲームもあった。福西さんは「ドリブルをする際は、周りを見ることが重要」などと助言した。
 母親と参加した西条市立多賀小3年の佐伯大雅君(8)は「福西さんの指導はとてもおもしろく、試合も楽しめた」。今治市立立花小4年の友田景太君(9)は「お父さんとドリブルをしたのが楽しかった」と話した。(柳川迅)
レスリングのJOCカップ全日本ジュニア選手権は14、15の両日、横浜文化体育館で行われ、愛媛勢は男子カデットグレコローマンスタイル65キロ級で曽我部京太郎(今治西高)が優勝を果たした。
 同71キロ級の掛水力(八幡浜工高)が準優勝。男子ジュニアグレコローマンスタイル77キロ級の山崎翔馬(九州共立大、八幡浜工高出)が2位、同97キロ級の井上諒汰(中央大、八幡浜工高出)は3位だった。女子ジュニア72キロ級で宮道りん(今治工高)が3位に入った。
 曽我部はアジアカデット選手権(5月10~13日・ウズベキスタン)への派遣が決定しており、世界カデット(7月2~8日、クロアチア)でも日本代表に内定した。山崎はアジアジュニア(7月17~22日、インド)の日本代表に内定した。
飲食店や宿泊施設を星の数で評価するフランスの「ミシュランガイド」の愛媛と広島をセットにした特別版が、16日から全国一斉に発売され、県内の書店などでもさっそく店頭に並びました。

販売初日の16日、松山市内の書店では市内中心部のデパートの出入り口近くに特設コーナーを設け、平積みされた「ミシュランガイド」を前に店員が発売開始を呼びかけていました。
「ミシュランガイド」は、料理を最高3つの星の数で評価し、県内からは『遠回りしてでも訪れる価値のあるすばらしい料理』の『二つ星』として松山市のすしと日本料理のあわせて3店が評価され、『一つ星』として松山市と今治市などの10店が掲載されています。
さらに、一定の評価をされた店も含めるとガイドブックには県内のあわせて216軒が紹介されています。
中には、さっそく買い求める客もいて、購入した男性は、「転勤してきたばかりなのでいろいろなお店を知るのにぜひ使いたいです」話していました。
ガイドブックを発行した日本ミシュランタイヤの伊東孝泰事業開発担当部長は、「地元の人たちには身近な店が実はすごい店だと気付くきっかけにしてもらい、観光客には愛媛の最高の料理を体験してほしいです」と話していました。