店長ブログ

東京の大手出版社が調べた移住先の人気ランキングで、西条市が世代別の全4部門で全国1位を獲得しました。

東京の出版社「宝島社」が発行する月刊誌「田舎暮らしの本」は、移住定住に積極的な全国645の市町村を対象に毎年、自然・教育環境や就労支援策など272項目のアンケートを実施、「移住先としての魅力」を数値化しています。

西条市は2021年のランキングで人口10万人以上の「大きな市」の「総合部門」「若者」「子育て」「シニア世代」の全ての部門で1位に輝きました。

西条市は2020も「若者」部門で1位になっていて、コロナ禍で移住の相談件数は前の年の5倍に増えたということです。

市は今後も豊富な水資源などの魅力を情報発信し、積極的に移住体験ツアーなどを展開したいとしています。
9日夜、新居浜市の中心部で住宅1棟が全焼する火事がありました。
焼け跡から1人の遺体が発見されましたが、この家に住んでいた高齢男性と連絡が取れておらず、身元の確認を急いでいます。

9日午後6時40分ごろ、「住宅で煙と炎が出ている」と消防に通報がありました。

火事があったのは新居浜市江口町の藤田 憲弘さん(87)の住宅で、消防が駆け付け消火にあたりました。

火はおよそ3時間後に消し止められましたが、木造瓦葺き2階建ての住宅が全焼。焼け跡から1人の遺体が発見されました。

警察によりますと藤田さんは1人暮らしで、藤田さんと連絡が取れなくなっていることから身元の確認を急いでいます。