店長ブログ

巨大な葉が特徴の熱帯植物オオオニバスが今治市の公園で大きな花を咲かせ、見頃を迎えています。

水面に咲く大きな花。

今治市山路の市民の森公園は45年前から南米原産の熱帯植物オオオニバスを栽培しています。

オオオニバスは直径1メートル50センチを超える巨大な葉が特徴ですが、夏に咲く花もビッグ。

開ききると直径30センチ近くになり、1日目は白、2日目はピンクに色が変わるそうです。

咲いた花が見られるのは夕方から朝にかけてのみで、花からは甘い香りが漂っていました。

オオオニバスの花は10月中旬まで楽しめるということです。