店長ブログ

松山市で1日朝、横断歩道を渡っていた70代の高齢女性が普通車にはねられ、死亡しました。 1日午前7時頃、松山市湯渡町の交差点で、横断歩道を渡っていた市内日の出町の越智文子さん(76)が、右折してきた普通車にはねられました。 越智さんは頭や腹を強く打ち、約3時間半後に死亡しました。 車を運転していたのは、通勤中だった東予地方局の30代の男性公務員で、「対向車に気を取られていた」などと話しているということです。