店長ブログ

新型コロナウイルスの影響で売り上げが激減している飲食店やタクシー会社を支援しようと、愛媛県松山市でタクシーを使った料理のデリバリーサービスが始まります。

松山市にあるこちらの飲食店。用意しているのは、テイクアウト用の料理です。こちらでは、先月の売り上げが去年のおよそ半分に落ち込み、先月末からテイクアウトのみの営業を続けています。そこにやってきたのは一台のタクシー。これは松山市内で新たに始まるサービス、タクシーが料理をデリバリーする「宅タク便」です。この取り組みは売り上げが激減している飲食店やタクシー会社を支援しようと、三浦工業やサイボウズなど市内の企業が松山商工会議所に寄付金を贈り、実現しました。店から10キロまでの範囲がデリバリーサービスの対象で、4.4キロ以内なら配送料はかからず、タクシー側には寄付を財源とした支援金が支払われます。また、4.4キロを超える場合は、距離に応じて150円から1000円までの料金で届けてくれます。注文した客との待ち合わせ場所で料理を渡します。新型コロナウイルスの影響でタクシーの利用者が落ち込んでいることを受け、国は、有料で貨物の運送を認める期間限定の特例措置を設けています。この「宅タク便」のサービスは、専用のWEBサイトで店を確認し、原則、前日までに店に電話で予約をする仕組みになっていて7日から予約を受け付け、今月末まで行われる予定です。