店長ブログ

愛媛県の西条市西条西部地域交流センター(同市氷見西新開)の浴室で2018年4月に入浴中の高齢男性2人が死亡した事故を巡り、遺族3人が6日までに、事故は湯が高温になりすぎないための対策を市が怠ったのが原因として、市に慰謝料など計約5281万円の損害賠償を求め松山地裁西条支部に提訴した。6日の第1回口頭弁論で市側は請求棄却を求めた。