店長ブログ

日韓関係の悪化により国内各地でソウル便の運休や搭乗率の低下が相次ぐ中、松山―ソウル便の搭乗率維持のため、愛媛県経済労働部の幹部が他部局の幹部に対し、職員の私的な搭乗を依頼していることが分かった。担当課は「お願い」としているが、職員からは「なぜ私費で行かなくてはいけないのか」と批判の声が上がっている。
 松山―ソウル便は2017年に韓国の格安航空会社のチェジュ航空が就航。現在、直行便を週3往復運航している。これまで80~90%台の搭乗率を維持していたが、今年8月は75%、9月に63%に落ち込んだ。
 国際線の振興を担当している同部の国際交流課によると、この状況を受け、部の幹部が10~12月に職員やその家族ら600人程度が乗った場合、全体の搭乗率が1割程度上がると試算。9月末以降、他の部局の幹部に口頭で依頼し、人数の割り当ても提示したという。
 担当者は「ノルマや強制ではなく、あくまでもお願い。直行便の良さを県民に伝える上で、まずは職員やその家族に知ってもらい、PRのきっかけになればと思った」と説明する。
 しかし、複数の職員によると、依頼を受けたある部署では文書が作成され、職員の人数をもとに各課ごとの「目標人数」が定められたという。また、別の部署では上司から「うちからも必ず行かなくてはいけない」と説明されたという
県立学校の教師が、職員室で同僚5人の財布などから現金あわせて約12万円を盗んでいたことがわかりました。

県教育委員会会見「誠に申し訳ございませんでした」

窃盗をしていたのは東予の県立学校に勤務する30代の男性教師です。

県教育委員会によりますと、男性教師は今年7月下旬から13回に渡り、職員室などに置いてあった同僚職員5人の財布や引き出しなどから、現金あわせて約12万円を盗んだとしています。

学校の調べに男性教師は盗んだことを認め、盗んだ金はパチンコ代などに使ったと話しています。

県教育委員会は「教員としてあるまじき行為で県民の信頼を損なう事態となり大変遺憾」として、近く臨時の教育委員会を開き処分を決めるとしています。
松山で秋のキャンプを行うプロ野球東京ヤクルトスワローズの選手が1日、松山入りしました。

毎年恒例になっているヤクルトの松山秋季キャンプは今年で16回目。若手選手を中心とした25人が参加します。

松山空港では歓迎セレモニーが行われ、松山マドンナ大使と地元の園児が高津新監督らに花束を渡しました。

ヤクルトは今シーズン2年ぶりの最下位に終わり、高津監督が「今年の反省を生かし来年の成功を目指したい」とキャンプの抱負を語りました。

今季36本塁打の大活躍!村上宗隆選手
「来シーズンしっかり勝てるように頑張りたいので、このキャンプから頑張りたい」

ヤクルトの松山秋季キャンプは今月21日まで行われます。