店長ブログ

3日午前9時45分ごろ、愛媛県四国中央市土居町の県道で軽トラックと軽ワゴン車が正面衝突する事故があり、軽ワゴン車を運転していた61歳の女性が死亡しました。 警察によりますと、県道を国道11号の方向に向かって走行していた軽トラックと反対車線を走っていた軽ワゴン車が正面衝突しました。 この事故で、軽ワゴン車を運転していた四国中央市土居町土居の飲食業・二村ゆかりさん(61)が病院に搬送されましたが、およそ1時間後に死亡しました。
高級スポーツカーいわゆるスーパーカーが一堂に集まるイベントが2日、八幡浜市で開かれました。 総額は何と15億円にもなります。 「道の駅・八幡浜みなっと」で開かれたこのイベントは、コロナ禍のなか地域の人たちに元気や笑顔を届けようと、スーパーカーのオーナーらで作る実行委員会が開きました。 会場には四国4県からフェラーリやランボルギーニなどの高級スポーツカー約40台が集結。 総額は約15億円にもなります。
1日夜、松山市の県道で、歩いていた62歳の男性が車にはねられて、大けがを負いました。
車は現場からそのまま走り去り、警察はひき逃げの疑いで捜査しています。

1日午後11時ごろ、松山市余戸中の県道で、歩いていた近くに住む62歳の会社員の男性が、車にはねられました。
男性は左腕の骨を折るなどの大けがを負い、病院で手当てを受けました。
警察によりますと、男性をはねた車は現場からそのまま走り去ったということです。
近くに設置された防犯カメラの映像などから、男性をはねた車は黒っぽい色だということで、警察はひき逃げの疑いで捜査しています。
愛媛県伊予市に本社を置く食肉販売業者の「ミート伊藤」が自己破産申請の準備を進めていることがわかりました。 帝国データバンクによりますと、ミート伊藤は、9月29日までに事業を停止し、自己破産の準備を始めたということです。 ミート伊藤は1998年に創業、大手ディスカウントチェーンや地元のスーパーマーケットにテナント店を出店し、低価格を強みに積極的に出店を進め、愛媛県内に6つのテナント店を構え、ピーク時の2011年にはおよそ14億円の売り上げを計上していました。
30日朝、愛媛県松前町にあるJR予讃線の踏み切りで、軽乗用車が脱輪して動けなくなりました。 この影響で2時間余り列車が運転を見合わせ、およそ2400人に影響がでました。 警察とJR四国によりますと、30日午前6時20分ごろ、松前町中川原にあるJR予讃線の踏切で、20代の男性が運転する軽乗用車が縁石に乗り上げてパンクし動けなくなりました。 この事故によるケガ人はいませんでしたが、JR予讃線は松山駅と伊予市駅の間で2時間余りに渡り運転を見合わせました。