店長ブログ

4月、13歳未満の少女にわいせつな行為をした疑いで逮捕・送検されていた男が、2日、松山地裁西条支部に起訴されました。 強制わいせつの罪で起訴されたのは、愛媛県四国中央市の無職・大谷勝典被告(66)です。 起訴状などによりますと、大谷被告は4月13日の午後4時ごろ、市内の路上で、13歳未満の少女に対し、下半身を複数回押し当てたり、体を触ったりするなどした、わいせつな行為をしたということです。
今治の焼き鳥店の「せんざんき」が今年3月に行われた、から揚げの日本一を決めるグランプリで金賞を受賞したことを受け、今月1日、今治市に受賞の喜びを報告しました。 日本唐揚協会が主催するからあげグランプリで金賞を受賞したのは、今治市の「炭火焼き鳥の店ういち」です。今月1日、渡部高史代表ら3人が市役所を訪れ、「両親が創業当時から作っていたから揚げが多くの人や審査員に評価された」と喜びを報告。これに対し徳永繁樹市長は「大変うれしい。かつての日常に戻りつつあるなか今まで以上に賑わってほしい」と受賞を喜びました。からあげグランプリは今年14回を迎え、今回は12の部門に、全国から819店がエントリー。「ういち」の「せんざんき」は西日本しょうゆダレ部門で、最高金賞に次ぐ金賞を受賞しました。