店長ブログ

7日未明、今治市沖の海上で韓国船籍のコンテナ船と押し船が衝突する事故がありました。油の流出やけが人などはありませんでした。
今治海上保安部によりますと、7日午前1時頃、今治市波方町沖、およそ3キロの海上で韓国船籍のコンテナ船(4914トン)と押し船・新光丸(168トン)が衝突しました。
衝突による船体への損傷は軽く、双方とも自力航行が可能で、事故による油の流出はなく、けが人などもいないということです。
事故当時、海上は穏やかで視界も良かったということで、今治海上保安部では乗組員から話を聴いて衝突の原因を調べています。
コンテナ船は韓国の釜山港から岡山県の水島港に向かう途中でした。